John's voice

2013.10.19

柿の実がそっと落ちる。涼しいそよ風が畑の土をさらさらと鳴らしながら吹き抜ける。
穂を揺らすすすきの影に栗の実が見え隠れする。
ゆるやかな、あたたかいリズムがやってきた。喜ばしい時間の流れ。
山はいっそう静けさと深さを増し、その深みがより鮮明になる。
絶え間なく命を生み出し続ける騒がしい夏は終わり、よく生き、よくはたらいた山は、深く長い深呼吸をする。
山は明らかに、あらゆることの中心だ。あなたの山はいかがですか?

Kaki fruit falls softly, cool breezes rustle across garden soils, chestnuts hide under waving Suzuki , a slower warmer rhythm is upon us…a welcome pace.
The Mountain is calmer, deeper, or rather now the depths may come forth. No longer the bustling summer motions creating and procreating. The Mountain takes a deep long breath of life well lived, well actioned.
The Mountain is clearly the heart of things. How is your Mountain?

2013.09.18

1週間前、山に秋の匂いが訪れた。
それは、ここにいるつもりだと、私にささやいた。
私はこの季節が大好きだ。夏の喧噪のあとの穏やかな静けさ。
蜂もそのことを知って、夏の花の最後の香りを集めようと慌ただしく動きはじめる。
今年の冬は厳しい冬になるかもしれない。

過去40年間で最大の台風によって、私たちの山道の五カ所が流された。
でも私たちは、大量の石を手で除け、無鉄砲に軽トラを走らせて娘のルーを学校に送り届けた。あれはなかなか面白かった! 学校には2時間遅刻したけれど。

昨日、有機在来種のソバの種をひとすくいと、野生のニンニクの種を一袋もらった。おばあちゃんが畑を見せてくれて、くれたものだ。「来年、同じだけのソバを持ってきてよ」帰りがけに彼女は言った。そうしよう。

F1種なしでどうやって60億人の食糧をまかなえるか?
それは可能だ。プラネットガーデニングこそが、その方法だ。
もし庭がないのなら、SOL在来種有機ガーデナーにあなたの食糧を育ててもらうように頼んだらいい。それは可能だ。
戦時中でもヨーロッパやアメリカではそうしていた。大量の食糧が家庭で育てられ、各地域で庭の柵越しに交換されていた。種は保存されたり交換されたりして、人々はどんどん健康になっていった。痩せてはいたが、健康だった。そう、隣近所の住人同士が会話をしていたんだ! みんなもっといきいきしていた。食糧の輸送などする必要もなく、石油も必要なかった。
それは可能なのだ。

ぜひ今年、実行に移そう。各家庭のペットボトル畑から始めよう。またはベランダや畑、隣の人の畑で。または道路の真ん中の一区画の土で! それは可能です。

SOL会員の特別セミナーにぜひ参加して欲しい。例えば高知では毎月「プラネット・ガーデン」のワークショップがある。あなたの地域でも人を集めて「プラネット・ガーデン」のワークショップを開いてみてはどうだろう。

今年、SOLは日本大豆をもっと集め、もっと広めていきたい。味噌や豆腐、納豆をみんんなで一緒に作ろう。種、ストーリー、そしてそれぞれの風味を交換し合おう。
ここにもビールとよく合う大豆があるけれど…
翌シーズンに人々にあげられるように、私はぐっと堪えて、これらの大豆を食べずに蒔く。

私の願いはただ一つ、SOL会員のみなさんに、それぞれ2人ずつ、新しい会員を紹介して欲しいということ。2人だけ。この小さな始まりから、次世代の食を大きく変革するために必要な人々を集めていこう。永遠の変革のために。
それは可能だ。

山のように考え、葉っぱのように生きよう。

The smell of Autumn came to the Mountain a week ago.
It whispered it was here to stay.
I love this season.  It is smooth, calm after the business of summer.
Even the bees know it and slowly bustle to gather the last scents of summer blooms.  It may be a hard winter.

Our mountain road was washed away in five places by the worst typhoon in 40 years.  But we still got Ruadh to school by hand moving tonnes of stones and daredevil k-truck driving.  Ha!  It was fun.  But she was 2 hours late.

I was handed a scoop of organic heritage soba seed and a bag of wild garlic seeds yesterday.  The grandmother showed me her garden and gifted them to me.  Give me back the same amount of soba next year, she called as we left.
I will.

How do we feed 6 billion humans without F1 seeds?
It can be done.  Planet Gardening is the method.  Contract a SOL organic heritage seed gardener to grow your food for you if you do not have a garden space yourself.  It can be done.
It was done during the wars in Europe and America.  Huge amounts of food were home grown.  They were exchanged amongst communities, over garden fences.  Seeds were preserved and exchanged, people got healthier, thinner but healthier.  People actually talked to their next door neihbours!  They became more alive.  Food transportation was not needed.  Gasoline was not needed. 
It can be done.

Lets do it this year.  Lets start in our own pet bottle farms.  Or on our balconies, or gardens or next doors garden  Or the patch of soil in the middle of the road!  It can be done.

Join one of the SOL member special seminars.  Like the Monthly Planet Garden workshops in Kochi.  Collect members and open a Planet Garden workshop in your area.

This year SOL will further collect and disperse Japan soya bean seeds.  Lets make miso and tofu and natto together.  Lets exchange seeds and stories and flavours.
Here are my soya ready for eating with beer…
Im going to excercise great restraint and NOT eat them but save them to seed to give away next season. 

All I ask is for each SOL member to introduce 2 new members.  Only two.  From this small beginning, we will gather enough people to support a big change in our kids food!  Forever.
It can be done.

Think like a mountain, live like a leaf.

2013.06.07

YAMA 4WD!

私は都会暮らしを永遠にやめた
私はここ 山に来た、フルタイムで

霧がかった山々、堅い岩の表面、柔らかい朝の土、緑が生い茂る森
私は静かに座ってあなたたちすべての歌に耳を傾けるだろう
毎日、昼も夜もずっと

私たちは山々が泣くのをどこで聴くのか?心の内側で、だ
山々はどこで生まれたのか?誰も知らない
彼らの歌は有史より前から、それとも彼らの歌が時を創ったのか、それとも彼らの歌が時なのか

山々とは何か?
私は今よりも深く山々を知るだろう
私は山々の息吹の中でともに歌い、ともに眠り、休らうだろう
今までなかったほどに

私は、人間の歌よりも山の歌を好み、山々とともに生きる男性を知っている
双方に耳を傾けることは、同時にできないと彼は言う
田舎のおばあちゃんの心の中に本当の山、本当の歌がある
穏やかに耳を傾ければあなたにも分かるだろう
彼女とともに気長に座れば、あなたにも彼女の歌が聴こえるだろう
耳を傾けよう、山々が聴こえてくるはずだ

What is a mountain? Where are they? I’m leaving city life forever YAMA here Icome, full time Misty mountains, hard stone faces, soft morning soils, lush green forests I will sit still and listen to all your songs Every day, all day ,all night Where do we hear mountains cry? In our hearts Where are mountains born? No one knows Their songs are from before time, or their songs created time or their songs are time What are mountains? I will know, deeper than now, mountains I will sing together, sleep together, rest in the breath of mountains Like never before I know a man who lives with mountains, he prefers mountain songs to human songs You can’t listen to both at the same time he says I naka obaachan heart is the real mountain, the real song, listen gently and you will know Sit with her patiently and you will hear her songs Listen and you will hear mountains

 

2013.01.15

人間が狭い

2013年はすべての生命の年です!
人間は人間のことを考えます。
自然は惑星のことを考えます。
これが、今日の私たちの生活における問題です。

私は、欲しい。私は、保持したい。私は、もっと欲しい。
植物はこのように考えません。昆虫はこのように考えません。動物はこのように考えません。

人間だけです。

こうして、人間はこの惑星のライフサイクルを過去50年に渡り破壊してきました。
人間よ、考え直しましょう。
私たちはすべての生命を支えるためにここに存在するのです。
2013年はすべての生命の年です。
洗剤の使用を減らしましょう、無駄を減らしましょう、食を減らしましょう、水の使用を減らしましょう、
電気の使用を減らしましょう、ガソリンの使用を減らしましょう、話すのを減らしてもっと行動しましょう!
本当の種、本当の食、本当の生活。
山のように考え、葉っぱのように生きよう!
これが2013年です! ハッピー ニュー シーズ!

 

2013 is the Year of All life!
Humans think humans.
Nature thinks planet.
This is the problem with our life today.

I want. I keep. I want more. Plants do not think this, insects do not think this, animals do not think this. Only humans.

So humans have broken this planet life cycle in the last 50 years.
Humans, let’s think again.
We are here to support all life.
2013 is the Year of All Life.
Less washing liquid, less waste, less food, less water,
less electricity, less gasoline, less talk more action!
Real seeds, real food, real life.

Think like a mountain, live like a leaf!

This is 2013!

HAPPY NEW SEEDZ!


私は毎朝5時半頃に川岸に沿って走ります。
雲間から陽の光が射し、外海へ向かって漂い、ゆっくりと流れる水を照らします。
街の中心には広く開放的な空間があり、遠く雲まで及びます。
私は自分の本当の存在を、小さく感じます。
人生は実に短く、私たちは実に自分の周りを見渡せていないと感じます。
川辺の庭で草むしりをするおばあさんにおはようと声をかけると、私はこの惑星では
人間がとても若いのだと気がつきます。
そして、私たちにはまだ学ぶべきことがあるのだと。
慌てず、急がず、いつも通りに日常生活を送る雲を、私は立ち止まって見上げます。
彼らは自分たちがここにいる意味を知っています。
人間は?
私たちは、未だに私たちがここにいる意味を知りません。
私たちは他の生物から働きを奪っています。
農家は花々から働きを奪っています。
漁師は大魚から働きを奪っています。
科学者は太陽と風から働きを奪っています。
教師は両親から働きを奪っています。
しばらく静かにじっとしてみませんか。山のように。
なぜ私たちがここにいるのか。偶然にいるのではありません。私たちの本当の働きのためにいるのです。
その働きに集中することで、未来は変わります。自然に、よい方向へ向かって。
あなたはいま、なぜここにいるのですか?

Every morning around five thirty I run along the banks of a river.  The sunlight breaks through clouds and lightens up the slow moving water as it drifts towards the open sea.
In the center of a city it is a wide open space, reaching far into the clouds.
I get to feel the real size of myself, small.
I feel how short life is and how much we do not look around ourselves.
As I call good morning to a grandmother pulling weeds in her riverside garden, I realize how young humans are on this planet.  And how much we still have to learn.
I stop and watch the clouds go about their daily business, no fuss, no hurry.  They know why they are here.
Humans?
We still don`t know why we are here.
We still steal our work from other living beings.
Farmers steal work from the flowers.
Fishermen steal work from the big fish.
Scientists steal work from the sun and the wind.
Teachers steal work from parents.
Why don`t we still still for a while.  Like a mountain.
And realize why we are here.  We are not here by chance.  Our true work.
Then focus on that work and the future will change, naturally, in a better direction.
Why are you here today?