John's voice

2012.12.10

未来のために、地球のために働く本当の意味とは


私は毎朝5時半頃に川岸に沿って走ります。
雲間から陽の光が射し、外海へ向かって漂い、ゆっくりと流れる水を照らします。
街の中心には広く開放的な空間があり、遠く雲まで及びます。
私は自分の本当の存在を、小さく感じます。
人生は実に短く、私たちは実に自分の周りを見渡せていないと感じます。
川辺の庭で草むしりをするおばあさんにおはようと声をかけると、私はこの惑星では
人間がとても若いのだと気がつきます。
そして、私たちにはまだ学ぶべきことがあるのだと。
慌てず、急がず、いつも通りに日常生活を送る雲を、私は立ち止まって見上げます。
彼らは自分たちがここにいる意味を知っています。
人間は?
私たちは、未だに私たちがここにいる意味を知りません。
私たちは他の生物から働きを奪っています。
農家は花々から働きを奪っています。
漁師は大魚から働きを奪っています。
科学者は太陽と風から働きを奪っています。
教師は両親から働きを奪っています。
しばらく静かにじっとしてみませんか。山のように。
なぜ私たちがここにいるのか。偶然にいるのではありません。私たちの本当の働きのためにいるのです。
その働きに集中することで、未来は変わります。自然に、よい方向へ向かって。
あなたはいま、なぜここにいるのですか?

Every morning around five thirty I run along the banks of a river.  The sunlight breaks through clouds and lightens up the slow moving water as it drifts towards the open sea.
In the center of a city it is a wide open space, reaching far into the clouds.
I get to feel the real size of myself, small.
I feel how short life is and how much we do not look around ourselves.
As I call good morning to a grandmother pulling weeds in her riverside garden, I realize how young humans are on this planet.  And how much we still have to learn.
I stop and watch the clouds go about their daily business, no fuss, no hurry.  They know why they are here.
Humans?
We still don`t know why we are here.
We still steal our work from other living beings.
Farmers steal work from the flowers.
Fishermen steal work from the big fish.
Scientists steal work from the sun and the wind.
Teachers steal work from parents.
Why don`t we still still for a while.  Like a mountain.
And realize why we are here.  We are not here by chance.  Our true work.
Then focus on that work and the future will change, naturally, in a better direction.
Why are you here today?